"> ');

九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞予測!回避方法やUターンラッシュのピークは?

2021年も残すところあとわずかになりました!

オミクロン株の心配もありますが、全国的に新型コロナウイルスの感染者数は小康状態にあり、今年の年末年始こそ帰省したい!と考えている方も多いのではないでしょうか?

そうなってくると、気になるのが高速道路の渋滞ですよね!

九州の基幹道路となる九州自動車道は普段から交通量が多く渋滞することで有名ですが、年末年始2021-2022の渋滞はどうなのでしょうか?

そこで、この記事では「九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞予測!回避方法やUターンラッシュのピークは?」と題して、九州自動車道の渋滞予測や渋滞の回避方法、Uターンラッシュのピークについてまとめました!

この記事で分かること
  • 九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞予測!
  • 九州自動車道|年末年始2021-2022Uターンラッシュのピークは?
  • 九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞の回避方法!

九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞予測!

年末年始の連休は、渋滞予測と関連しますので、まずは2021年~2022年の年末年始の連休について見てみましょう!

12月25日(土) 休日
12月26日(日) 休日
12月27日(月) 平日
12月28日(火) 平日
12月29日(水) 年末年始休み
12月30日(木) 年末年始休み
12月31日(金) 年末年始休み
1月1日(土) 元旦
1月2日(日) 年末年始休み
1月3日(月) 年末年始休み

業種によって違いはありますが、カレンダー通りだとすると、2021年~2022年の年末年始の連休は

12月29日(水)~1月3日(月)の6連休になります。

なかには、12月27日(月)と28日(火)に有休をとって10連休にする方もいらっしゃるかもしれませんね!

ここでは、カレンダー通りの6連休12月29日(水)~1月3日(月)について、九州自動車道の渋滞予測を見てみましょう!

九州自動車道で最大渋滞長が10km以上予測される渋滞は、以下のとおりです。

【九州自動車道】1月2日(日)の渋滞予測

【九州自動車道上り】

  • 渋滞区間:須恵スマートIC~若宮IC
  • 渋滞発生時間:14時~21時
  • 渋滞の長さ:15km

【九州自動車道上り】

  • 渋滞区間:南関IC~久留米IC
  • 渋滞発生時間:11時~20時
  • 渋滞の長さ:20km
【九州自動車道】1月3日(月)の渋滞予測

【九州自動車道上り】

  • 渋滞区間:福岡IC~宮田スマートIC
  • 渋滞発生時間:16時~20時
  • 渋滞の長さ:20km

九州自動車道の年末年始2021-2022の渋滞予測はこのようになっています。

しかし、当然ですが、これはあくまで予測となります。

予測できない渋滞の原因…

それは 事故や故障車 です!

実際、九州自動車道では2021年1月1日に事故が発生しています。

年明け早々、事故渋滞に巻き込まれたくないですよね!

年末年始で交通量が多くなれば、それだけ事故は多くなってしまいます。

事故や故障は予測できないものですが、せめて自分が当事者とならないように、車の整備をしっかりして、安全運転を心がけたいですね!

ちなみに、リアルタイムの渋滞状況や事故発生状況を確認するには、Yahoo!道路交通情報がオススメです。

九州自動車道|年末年始2021-2022Uターンラッシュのピークは?

九州自動車道の年末年始2021-2022のUターンラッシュのピークは…

1月2日(日) と予測されます!

毎年1月2日は「渋滞の特異日」と呼ばれ、下りも上りも激しく渋滞することで知られています。

2022年の年始は、元旦の夕方ごろからUターンラッシュが始まり、2日~3日の夕方ごろまで渋滞が続くと予測されます。

九州自動車道では…

  • 1月2日11時~20時 南関IC~久留米ICの渋滞20km

がUターンラッシュのピークとなります。

1月3日も、福岡IC~宮田スマートICで最大20kmの渋滞が予測されています。

2021年の年末は、仕事納めの翌日29日~30日にかけてが渋滞のピークになると予測されます。

年末は年始と比較すると交通量が分散する傾向がありますが、最新の交通情報をチェックするようにしてくださいね!

九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞の回避方法!

日程上どうしても避けられない渋滞ですが、できるなら回避したいですよね!

最後に、九州自動車道の年末年始2021-2022渋滞を回避する方法をご紹介します。

それは…

渋滞する時間を避ける こと!

交通ジャーナリストの清水草一さんが、詳しく解説してくださっています。

関東の高速道路網は、東京を中心にした放射状の単純なものです。途中で動脈同士の合流はないので、渋滞の形態も単純な自然渋滞が中心。その分対策も立てやすいです。

そこで、その対策ですが、一にも二にも時間をずらすこと。これに尽きます。

下り渋滞は、各路線とも午前5時ごろ始まり、午前7時ごろピークを迎え、午後2時ごろ解消されます(あくまで目安ですが)。つまり、早めに東京を出発するなら、午前4時台には目的の路線に乗っているようにしたいところです。自宅を出発するのが4時台ではダメ。「目的の路線に乗るのが4時台」ですから、東名に乗るのに1時間かかる場合は、3時台に自宅を出発する必要があります。

帰省の予定を合わせる必要がありますが、渋滞のピーク時間を少し外すだけで、ドライバーさんのイライラはかなり減らすことができます!

参考にしてみてくださいね♪

まとめ

この記事では「九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞予測!回避方法やUターンラッシュのピークは?」と題して、以下の内容でお届けしました。

  • 九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞予測!
  • 九州自動車道|年末年始2021-2022Uターンラッシュのピークは?
  • 九州自動車道|年末年始2021-2022渋滞の回避方法!

年末年始2021-2022九州自動車道の渋滞のピークは1月2日と予測されます。

事故渋滞など予測できない渋滞もありますので、最新の交通情報をチェックしてお出かけくださいね!

この記事が、すこしでもお役に立ったのなら幸いです。

みなさんの年末年始が素敵なものになることを願っています!